2011年04月14日

地球温暖化は、本当に「悪」か? 二酸化炭素のせいなのか?


現在、地球温暖化が世界的な問題となっています。北極、南極、高山の氷が溶けて海面が上昇し、ツバルやモルジブなどの小さな島は水没の危機にさらされています。
台風やハリケーンの大型化、集中豪雨の激化も、地球温暖化による気象変動が原因ではないかと言われています。

地球温暖化の主原因とされるのが、二酸化炭素です。温室効果ガスにはほかにもフロンなどがありますが、代表的なものは二酸化炭素でしょう。そのため、排出する二酸化炭素を減らすことが、急務とされています。

二酸化炭素に温室効果があるのは事実です。だからといって、二酸化炭素のせいで地球温暖化が進んでいると限りません。暑くなればアイスクリームが売れますが、アイスクリームが売れたら暑くなるわけではないのと同じです。
それに、たとえば水蒸気にだって温室効果はありますが、これを問題視する人はほとんどいません。

実際のところ、地球の歴史の上では、気温の上昇や下降は、ごく普通に起きている現象に過ぎません。地球の歴史どころか、人類の文明史の範囲に限っても、気温は変化しています。
ちょっと、太古の日本列島のようすを見てみましょう。


地球がまだ氷河期だった1万3000年くらい前の旧石器時代末期、シベリアで始まった小型の石刃石器が、日本列島全体に広まりました。槍などの先につけるもので、これを細石刃文化といいます。人の移動の範囲は広く、ウラジオストック北東500kmのウスチノフカ村の遺跡からは、隠岐(島根県)の黒曜石が発見されています。凍った日本海の上を、徒歩かそりで運んだのでしょう。

氷河期はやがて終わり、氷に閉ざされていた日本海に暖流の対馬海流が間欠的に流れ込み始めます。そのころ、細石刃文化を母体として縄文文化が発生します。文化が誕生するには、「ちょうどよい気温」があるのだと思われます。

温暖化は、さらに進みます。縄文後期の平均気温は、今より2〜3℃ほど高くなっています。
その後、再び地球は寒冷化し、紀元前1000年ごろには、平均気温は今より1〜2度低くなりました。寒冷化につれて、日本列島では、北海道を除いて、北アジアより中国華南地方との交流がさかんになっていきます。

……こうして見ると、気温の変動など、地球の歴史の上では、ごく当たり前のことだったことがわかると思います。

             ◇            ◇

2003年、ロシアのプーチン大統領(当時)は、モスクワで国際気候変動会議が開催された際、「将来、地球が温かくなれば、毛皮のコートやほかの余計なものにお金がかからなくなる」と述べ、地球温暖化はロシアにとってプラスに働くという考えを示しました。

確かに温暖化が進めば、ロシアの凍った大地は緑の農地となり、作物の収穫量も増えるでしょう。北極海の氷が溶ければ、北極海を抜けて世界各国へ向かう新航路もできます。街は住みやすくなり、観光客も増えるに違いありません。

プーチン発言を聞くと、日本人としては「ロシアとは、どうしようもない国だな。世界共通の問題を解決するより、自国の都合ばかり考えている」と思いがちです。

しかし、「だれにとって都合がよいか」ということは、相対的な問題に過ぎません。

ナイル川のほとりで古代エジプト文明の繁栄が始まったのは、日本でいう縄文後期以降です。今より気温が2〜3℃高いその時代は雨量も多く、土地は緑におおわれていました。寒冷化とともに雨量が減って砂漠化が進みましたが、温暖化によって再び緑におおわれるかもしれません。

温暖化が進めば、植物の植生も変わり、土地で栽培できる作物も変わっていきます。海水温も変化し、漁業も影響を受けます。
しかし、それがもし「人類が排出する二酸化炭素」のせいではなく、「地球そのものの変動」であるならば、黙って受け入れる以外に方法はないのではないでしょうか。

             ◇            ◇

2009年9月、鳩山首相(当時)はニューヨークの国連総会で演説し、2020年までに1990年比で25%の温室効果ガスを削減するという日本の中期目標を発表しました。
この25%という数値に対しては、数々の批判があります。京都議定書を採択した1997年の京都会議のときに、「6%だ」「いや5%だ」というレベルで議論が行われたのは、二酸化炭素削減に努力してきた国にとっては、1%削減でも大きな課題になるからです。太った人が10kgやせるのは比較的容易ですが、ボクサーが1kg減量するのは至難、というのに似ています。25%削減というのは、その意味で、とてつもなくナンセンスな数値目標です。

鳩山首相が25%という高い目標にこだわったのは、同年12月に予定されていた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)へ向けて、世界各国の交渉を促進し、リーダーシップをとっていくためでした。
そのようなことで、どうして「リーダーシップをとれる」と考えたのかは、わかりません。答えは、この不思議な総理と民主党の頭の中にしか、ありません。
25%削減という日本の目標が、新興工業国の中国などからはもちろん、アメリカからも無視され、受け流されてしまったのは当然でした。
ただし、「25%削減」は、国際公約となってしまいました。

世界の二酸化炭素排出量の比は、おおむね次の通りです。
中国20% アメリカ20% EU13% ロシア5% インド5% 日本4% その他33%

もし、二酸化炭素を「悪者」と考えるのであれば、世界のわずか4%しか占めない日本が、経済の停滞につながるリスクを背負って努力するより、中国やアメリカに排出量を減らしてもらうべきではないかと思います。

             ◇            ◇

地球温暖化はよくないという発想は、結局、暮らしやすい温帯にある先進国のものでしょう。

近年、温暖化が進んでいて、水没の危機にさらされている島があり、熱波や寒波や集中豪雨といった温暖化が原因と疑われる異常気象が発生している以上、そして、「クロ」と特定はできなくとも二酸化炭素に温室効果がある以上、これまでに大量の二酸化炭素を排出してきた先進国が、その削減に取り組むのは、義務かもしれません。
それは否定しませんし、私も編集者として、本をつくる際には受け入れざるを得ません。それに、温暖化防止の努力はさまざまな面で環境保護につながりますから、悪いことではありません。

しかし、温暖化は地球そのものの動きかもしれず、地球温暖化はすべての地域にとって「不都合な真実」ではないという、相対的な視点は持っていたいものだと思います。
posted by たぬたぬ at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも大変興味深く読ませていただいています。
僕が関心を持っているテーマについて、いろいろな角度からピックアップされていて本当にためになります。ぜひ、長く続けていただけると嬉しいです。
今回の温暖化のお話、おもしろいです!「だれにとって都合がよいか」というのは相対的な問題! これは言われてみると納得、でも気づいていませんでした。
二酸化炭素の排出の問題は温暖化の問題と言うよりも、むしろ日本にとってはエネルギー政策の問題ではないでしょうか。石油依存から代替エネルギーへ転換していく為の目標としてはCO2削減も意味があります。今回の原発の問題で石油依存が進むことになれば日本にとって不幸なことですし、世界情勢にとっても不安定化の要因です。原子力も含め、石油に替わる安全なエネルギーにはやく転換していくことが必要だと思います。
Posted by apollo at 2011年04月14日 11:04
福島原発事故により、世界中で原子力政策を見直す気運が高まるでしょう。しかし、石油や天然ガスが豊富な中東には、クセ者の国々が綺羅星のようにひしめいています。
原子力政策が後退すれば、化石燃料の価格が高騰します。
この2つのエネルギー問題は、リンクしてします。
新エネルギー政策へ転換するのがよい、と私も思います。
Posted by 広沢(たぬたぬ) at 2011年04月14日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック