2015年01月08日

なぜ、イスラム圏に民主主義は根づかないのか?



アメリカは第二次世界大戦後、日本を民主主義国化することに成功した。その体験が元になっているのかもしれないが、「民主主義とはこういうものだ」と教えれば、民主主義化していくと考えているようだ。
アメリカ人らしいポジティブで楽天的な考え方だが、完全にまちがっている。

この辺のことについては、小室直樹の著作類が詳しいが、その思考のベースのひとつに社会学のマックス・ヴェーバーがある。
私もマックス・ヴェーバーは好きで、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』や『古代ユダヤ教』などのヴェーバーの著作はもちろん、大塚久雄や安藤英治といった研究者の著作もノートを取りながら読んだ。
そのため小室直樹の解説はストンと体の中に入ってきて、かえって多くの方々にとって素直に理解されるかどうか、よくわからないのだが、民主主義について、小室直樹の『日本国憲法の問題点』とマックス・ヴェーバーに依りながら説明したいと思う。

憲法とは何か? それはキリスト教の神エホバ(ヤハウエ)と人間のいわば「縦の契約」を、人間と人間の「横の関係」に転換したものである。
初代総理大臣であった伊藤博文は、学者ではないが大政治家の慧眼でそれを見抜いていた。そして、キリスト教の神の「代替」として、天皇を持ち出した。
実際、大日本帝国憲法を制定するにあたって、枢密院の会議で伊藤博文が西洋の憲法は宗教と深く関わっていることを指摘した記録が残っており、このことは伊藤博文が憲法の本質に踏み込んでいたことを意味する。

江戸時代までは「武士には武士の、農民には農民の本分がある」というのが、人々の意識だった。しかし、それでは近代化はできない。そこで伊藤博文は、士農工商という身分の違いを解消させて、「天皇以外の人間はすべて平等」という意識を根づかせるために、天皇を絶対神に据えたのだ。その結果、人間はすべて平等になり、優秀であれば誰でも「末は博士か大臣か」と出世できるようになっていった。
その先では天皇の神格化から敗戦に至るわけだが、伊藤博文が天皇をキリスト教の神に代えるというアイデアを思いつかなければ、日本に資本主義や民主主義が曲がりなりにも根づいていたかどうかはわからない。
もちろん「曲がりなりにも」であって、本当の意味で資本主義や民主主義が根づいているかどうかについては、人により意見があるだろう。
省庁が大企業の経営に立ち入るのは江戸幕府が諸藩の統治に口出ししたのを思い出させるし、丸山真男が「民主主義をめざしての努力の日々の中に、はじめて民主主義は見いだされる」と指摘し、多くの不備が指摘されているにもかかわらず、憲法改正すらできない状況は「深いところで似非に過ぎないのかもしれない」と思わせる。
それでも「曲がりなりにも」機能してきたことは事実なのだ。

こう見て行くと、中国やインドなどで民主主義が根づかず、憲法も機能しない理由が見えてくる。数多くの神々がいて、絶対神がいないからである。
絶対神のいないところでは、契約は必ず守る、仕事の締切は何が何でも守るという意識は、生まれない。約束事はすべてその場その場でものさしが伸び縮みして、「うやむや」になってしまう。
ものの値段は相手によって変化し、約束事を守る・守らないはその時々で気分に応じて変わるのは、宗教がそのようにあるためである。

ここでキリスト教の精神史の一部を振り返ってみよう。キリスト教の絶対神は契約違反を許さない。契約に違反したら人類を滅ぼすのもためらわない恐ろしい神であるが、中世には教会が堕落し、「免罪符を買えば天国に行ける」などと称していた。
これを本来の姿に戻したのは、のちにプロテスタント(抵抗する者)と呼ばれるルターとカルヴァンである。

キリスト教では死んだあと救われるか地獄に行くかは、神以外にはわからない。善行を積んだからといって天国に行けるとは限らないし、犯罪を犯したからといって地獄に行くとは限らない。すべては神の意による。これを予定説という。
それでも悪行を行うよりは、善行を行う方が天国に入れる確率は高いだろう。…というわけで、キリスト教徒は神に気に入られようとして、契約を守り、勤勉に働くことに喜びを見いだすようになった。
この禁欲から逆説的に資本主義が生まれた。資本主義と民主主義はキリスト教(プロテスタンティズム)から生まれた双生児である。
「資本主義ならアジアや中東にもあるじゃないか」と思うかもしれないし、たしかに経済発展は進んでいるが、それは当事者の気分次第で契約はどうなるかわからないものであり、きちんと契約が守られることを前提とする西洋の資本主義とは別物である。

             ◇             ◇

では、イスラム圏ではなぜ民主主義も憲法も機能しないのか?
アッラーは融通無碍な絶対神だからである。
ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の3教の淵源は同じだが、イスラム教はユダヤ教やキリスト教に比べて、寛容な宗教となった。
平たく言えば、誤りを犯しても、謝れば許してもらえるのである。お酒を飲んでも、間違えて豚肉を食べても「ごめんなさい。以後改めます」で済んでしまう(宗派により温度差はあるが)。契約違反に怒って容赦なく人類を滅ぼすキリスト教の神とは違うのだ。
これでは「何が何でも契約を守る」という精神は生まれないし、たとえ憲法がつくられても「一応、つくりました」で終わってしまい、絶対的尺度として機能しない。
そのくせ戒律は厳しく、結果、憲法よりもイスラム法が優先される。このような社会では民主主義も資本主義も憲法も根づかないのである。

それではイスラム圏やアジア諸国は「ダメダメ」なのか?
そうとは言えない。そもそも民主主義や資本主義が「絶対的によい」と誰が決めたのか? 確かに民主的な社会はうまく機能すれば、国民にとって住みよいものになるかもしれない。しかし、ポピュリズム(大衆迎合)に陥る危険もある。
ヒトラーやムソリーニは民主主義の中から台頭してきたし、東条英機以上に戦争礼賛を行った旗振り役はマスコミであったことを忘れてはならない(例によって、とくに朝日新聞はひどかった)。
近年で言えば、どう見ても「ダメダメ」な鳩山由紀夫や菅直人が首相になった背景にはそれなりの民意もあったのである。
そんないい加減な政府よりは名君が治める絶対王政の方が政治も経済も安定し、民衆は幸せかもしれないのだ。実際、江戸時代は平和で豊かな文化が花開いていた。

             ◇             ◇

日本に住んでいると、どうしても西側寄りの報道ばかりが伝わってくる。そのためイスラム教について、マイナスのイメージを刷り込まれてしまいがちだ。
実際、イスラム教徒によるテロはあちこちで起きているし、イスラム国のように過激で残虐な集団もある。しかし、テロには「弱者の最後の抵抗」という側面もあるし、またイスラム国はアメリカへの憎悪から生まれたものであることを忘れてはならない。

まず最初に、イラク戦争はアメリカの国益と軍産複合体の利益のために行われたものであること、そのイラク戦争以降、アメリカはイスラム圏(とくに中東・西アジア)の人々からは悪魔に見えていることを理解しよう。テロやイスラム国はその憎悪の中から生まれてきたのだ。

アメリカはイスラム国の掃討作戦を進め、トップの何人かを討ち取ったようだが、背景は広く深く、根絶させるのは容易ではないだろう。
アメリカの行動の背景には「歴史が進んでいけば民主主義にたどりつくはずだ」という能天気な妄信があるように思われる。そこから「民主主義が根づかないのはおかしな社会であり、やっつけてもかまわない」という意識が生じているのではないか?

実際のところ、キリスト教諸国、および天皇を「代替神」とした日本を除けば、世界中で民主主義や資本主義が機能している国はない(国際交流によって民主主義と資本主義を身につけていったシンガポールや台湾などのわずかな例外はある)。
民主主義と資本主義は、世界史の中に咲いた小さな花のような奇跡なのである。

イスラム圏に憲法や民主主義や資本主義が根づくことは、今後もないだろう。
それは欠陥でも何でもない。ただ、社会構造がそうであるだけなのだ。

一方、日本は民主主義と資本主義の味を知ってしまった。もう、後戻りはできないだろう。

ここに「資本主義も民主主義も機能しない国々とどうつき合っていけばよいのか」という問題が残ることになるが、この点については、国連でよく言われる「多様性の尊重」しかないだろう。無理に民主主義や資本主義を押しつけるのは、よくない。
あたり前と言えばあたり前だが、それぞれの国の歴史や文化や政治体制を尊重し、つき合っていくのである。
             ◇             ◇

ところで、読者はイギリスに憲法がないことをご存知だろうか?
意外に思われるかもしれないが、立憲主義の発祥の地とも言えるイギリスに憲法はない。いまだに13世紀につくられた憲法の原点とも言える「マグナ・カルタ」の一部やら議会の判例やらで何とかやっている。しかし、憲法の精神は生きている。だから、憲法はなくてもよいのだ。
憲法は本質的に経験法であり、制定してもそれを守る精神がなければ守られることはない。一方、守る意識があれば、うるさく言わなくても守られる。
イギリスの場合、文章に書かれていないだけで、憲法は生きている(=憲法はある)のだ。

その点、日本はどうか? 文章には書かれているが、守られているかどうかを考えると怪しい。
たとえば近代以降の国家権力のあり方の基本とされる三権分立も、立法(国会)・行政(内閣)・司法(裁判所)と形だけは成り立っているが、実際のところ官僚が法案のほとんどをつくり、官僚が行政を行い、時には時代劇の代官のように司法的判断まで行う隠れた絶対君主となっている。
そう考えると、日本の社会も日本国憲法も自壊期に入っているようだ。

日本が息を吹き返すかどうかは、これからの憲法改正にかかっているのである。

<後記>マックス・ヴェーバーは社会学の巨人である。また、小室直樹は非常に鋭い博学の学者だった。この辺の話に興味を持つ方は、ぜひ読んでほしいと思う。
タグ:憲法
posted by たぬたぬ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412022424

この記事へのトラックバック