2017年02月16日

「韓国に生まれなくてよかった!」ー技術と労働を蔑視する異様な社会



朝、NHKのニュースを見ていたら、仕事に厳しそうな寿司職人がコハダを仕込む場面と、その寿司職人へ魚を届けている若い仲卸の男性へのインタビュー映像が流れた。
「お客さんの要望を憶えていて、それに合ったものを提供していくのが、自分の仕事。合ったものがないときは、あえて売らないこともあります。」と誇らしげに語っていた。
こうしたメンタリティは、日本人なら素直に共感できるだろう。有名店でなくても、「できるだけよいものをお客さんに提供したい」という考えが普通だし、たとえ土方のおっちゃんでも「俺がこの橋を架けたんだぜ」などと言えば、周りの人は「おう、この人は自分の仕事に誇りを持っているな」と好感を抱く。

ところが、職人の誇りや職人への尊敬の念が通じない国が身近にある。隣の韓国だ。
韓国では政治に関わる仕事が最も偉いとされ、職人は尊敬されない。それどころか、蔑視されている。料理人も、建設関係者も、有名メーカーの技術者も、技術部長でさえダメだ。マネジメントをする総務職の方が尊敬される。

父親が料理店をやっていると、母親も子どもも、友人たちを連れてその店の近くを通るのを避ける。賎しい仕事をしている姿を見られたくないのだ。大工などは、結婚したくない職業No.1だそうである。
これは古い時代からの傾向のようだ。朝鮮半島では、すぐれた焼き物でも作者の名前はほとんど残っていない。職人は賎しい仕事に従事している自分を恥じて、名前など残したがらなかった。

日本はその逆だ。技術を持った渡来人は敬意の念を持って迎えられたし、日本刀や鎧などの武具も、焼き物も作者の名前がきちんと伝わっている。
豊臣秀吉が朝鮮出兵のときに連れて帰った李参平などは、日本に磁器を伝えた功績により、佐賀県有田町の陶山神社で神様として祀られている。無理矢理連れて来られたかどうかは知らないが、自国で蔑まれているより、神様扱いしてくれる日本の方が居心地がよかっただろう。実際、李参平は親族や友人などをたくさん日本に呼び寄せている。

            ◇             ◇

韓国の職人蔑視の淵源をたどると、高麗や李氏朝鮮の両班(リャンパン)制度に行き着く。両班とは文班と武班から成る官僚制度である。
高麗や李氏朝鮮では階級制度が発達して上下の定めが厳しく決められ、官僚が最も尊敬されて人民は蔑視された。
両班が生活のために働くことは恥とされ、運動をしてもいけなかった。2階へ上がることもできなかったというから極端である。体を動かすことは、賎しい者がやることだったのだ。

しかし、両班制度の参考になった中国の官僚制度には、こんなにいびつな精神構造はない。儒学が元になっているようだが、孔子は「義を見てせざるは勇なきなり」「知らざるを知らざるとなす。これ知るなり」など、立派な人間はどうあるべきかは説いたが、「労働者は賎しい」などとは一言も言っていない。
どうやら儒学が朝鮮半島に伝わって朱子学が生まれ、形而上のものである「理」が重視され、形而下のものである「気」は軽視されたあたりに根源があるようだ。

朱子学は、その重鎮である李退渓が1000ウォン紙幣の肖像となっているほど、現代の韓国に深い影響を与えている。そのため、韓国人は心の底で労働を賎しいと考えている。

            ◇             ◇

ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーは『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の中で、プロテスタントたちの禁欲主義が「労働は神の御心にかなう尊い行為である」という考えを産み、禁欲主義が逆説的に、目的合理性をもってシステマティックに利益を追求する資本主義に転換していった過程を解明した。

誤解されがちだが、貨幣経済がすべて資本主義というわけではない。たとえば日本やアメリカでは知事や市長、会社の経営者が自分の給料を半額に減らして、ときには1ドル・1円にして働くことがある。それはパフォーマンスでもあるが、根底には「労働そのものが尊い」という考えがある。

韓国人は、金にならないことはしない。「人間は両班のように働かずに済めば、それが最もよい」と思っており、「汗水垂らして働くのはみじめ」と考えている。また、上と下の序列に厳しい。

その結果、次のようなことが起きる。

<技術・学問>
◎料理人や職人は蔑視される。料理人や職人は、誇りを持って働かない。
◎料理人や職人は子どもに自分の仕事を継がせたがらない。ゆえに創業100年を超える老舗など存在しない。
◎技術者の社会的地位が低い。
◎必要な技術は他国から買ってくればよいと考えている。自分の会社で技術者を育てるのではなく、日本などから引き抜いてくる。
◎部品工業が発達しない。最終製品は売るが、重要な部品は日本製。ゆえに販売が増えれば仕入れも増えて、利益性が低い。
◎労働蔑視なので、学問でも基礎研究的なことは評価されない。
◎世界的に華々しい脚光を浴びる分野に、学者が集中する。パクッてでも、成果を出すと誉められる。
◎基礎からじっくり積み上げることが必要なノーベル賞は取れない。

<社会>
◎上に立つ者が偉く、下の者は服従すべきと考えられる。
◎独立して自分の会社や店を開きたがるが、日本人が何年も修業を積んでから独立するのに対し、韓国人は修業を嫌う。結果、蔑視している家庭料理の店くらいしか出せず、すぐつぶれる。
◎よい大学を出た者は人格的にも優秀と見なされる。世界では大学名と個人の能力や人格は別ものという考えが普通だが、韓国では大学名により人間関係の序列が決定される。

<仕事・お金>
◎仕事そのものに価値はない。ただ、金を稼ぐための必要悪。
◎お金にゆとりのできた日本人は習い事などをして精神面を高めようとするが、韓国人はただ遊んで暮らしたいと思う。
◎お金は儲かればいい。一攫千金。楽して儲けろ!

「反日韓国」の苦悩(呉善花/PHP研究所)を中心に、小室直樹・大前研一の各種著書などによる。
            ◇             ◇

なんという、美しくない社会だろう。北朝鮮に生まれなくてよかったが、韓国にも生まれなくて、本当によかった。実際、韓国人自身も韓国社会を住みにくいと思っており、なんと人口の約10%にあたる450万人がアメリカなどで暮らしている。
頭のよい人、才能のある人、お金儲けの上手い人から順に、海外へ逃げ出してしまうのだ。

韓国社会の状況は深刻だ。病気の根は深く、簡単に修正は利かない。労働は好きではないが、蔑視もしないアフリカや太平洋の島々の人の方がよほどタチがいい。

韓国は表向きは資本主義だが、実際には「労働はそれ自体が尊い」とする資本主義の精神の正反対の心を持つ異様な国なのである。
【関連する記事】
posted by たぬたぬ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447054425

この記事へのトラックバック