2014年05月27日

中国が海洋進出をはかる根源的な理由とは何か?



中国の海洋進出が強引なものになっている。
今年2014年5 月にはベトナムが領有権を主張している南シナ海のパラセル諸島近くで、勝手に石油の掘削を開始。それを阻止するために派遣されたベトナム艦船と中国艦船との間で小競り合いとなった。
過去には、フィリピンの管轄下にあった南沙諸島のミスチーフ礁に上陸して軍事拠点を建設し、ルソン島の約180キロ沖のスカボロー礁も占拠している。

日本の領土である尖閣諸島については、中国は1992年に勝手に「領土」と定め、2010年発効の海島保護法により「無人島につき国家管理地」とした。
他国の領土を国内法で「領土」と定めてしまうのだから、ずうずうしいにも程がある。

こうした中国の動きはかつての帝国主義を思わせるものであり、一般的には自信過剰の新興大国が覇権国家をめざしているように見なされている。
本当にそうだろうか?

             ◇             ◇

古来、中国は海洋から攻撃を受けることが多かった。1840年に勃発したアヘン戦争ではイギリスに惨敗した。1937年から始まった日中戦争では、日本軍の侵攻を受けた。
列強からの攻撃を受け続けてきた「入り口」に当たるのが海岸線である。
そんな屈辱の歴史を持つ中国が近海防衛戦略を国防の基本として位置づけ、堕ちた中国の権威を昂揚させようと考えるのは、自然な成り行きである。
それに加えて、中国には「友人」がいない。歴史上、旧ソ連や北朝鮮と同盟関係にあった時期もあるし、近年はドイツとの経済的な結びつきを強めているが、現在、軍事同盟国はない。
そのため「自分の身は自分で守らなければ」という意識が近隣の国々との間に軋轢を生じさせ、さらなる孤立化につながっている。

中国が影響力の及ぶ海域を広げようとする理由は単純だ。アメリカの原子力潜水艦が装備する核ミサイルの射程が年々伸びていく以上、その分、支配下に置く海域を広げていかざるを得ないのだ。
イージス艦でさえ飛んでくるミサイルを迎撃するのは難しいのに、拙い技術しか持たない中国にアメリカのミサイルを撃ち落とすのはほぼ不可能である。
アメリカと戦争になった場合、中国の潜水艦のミサイルはアメリカ本土を攻撃する能力に乏しいため、中国の陸上から発射するミサイルで攻撃することになる。
その何割かは撃ち落とされずに到達するとしても、東シナ海や南シナ海に展開するアメリカの原子力潜水艦から受ける報復の方がはるかに恐ろしい。
したがって「北京を襲うミサイルが飛来する時間をいかに遅延させるか」という課題に取り組む結果、なりふり構わず領海を拡大することになる。
論理的には、地球の反対側を支配下に収めるまで、中国の拡張は続くだろう。
つまり、中国の行動は他国から見れば「侵略」だが、中国にとっては「防衛」なのである。

             ◇             ◇

中国は今後どのような戦略を取ってくるだろうか?
2012年9月、悲願であった空母「遼寧」が就航した。ウクライナから購入した空母「ワリャーク」を改修したものだが、その形状が面白い。
通常、先進国の空母の甲板はフラットであるのに対し、「遼寧」の甲板は前方が斜めに上がっている。戦闘機に勢いをつけさせて飛び立たせようというわけだ。
「遼寧」Googleイメージ画像

「斜めにしないと離陸できないような状態で大丈夫なのか?」と他人事ながら心配だが、発着艦試験には一応成功している。重量のある中国の戦闘機がフルに武器を積んだ状態で飛び立てるかどうかはわからないが、空母としては役立たなくても戦艦としては使えるだろう。このような艦の数を増やせば、自国の潜水艦を襲うアメリカの哨戒機や潜水艦にある程度対抗でき、近海を「聖域化」することは可能かもしれない。
今後は同じような空母を複数建造して就航させ、まずは南シナ海を制圧し、次は東シナ海を奪りにくると予測される。
不細工な兵器を使った「弱者の戦略」だが、意味がないわけではないし、20年後には本当に実力ある空母を所有していないとは限らない。

日本は日米同盟によって守られているため、中国としても手は出しにくい。アメリカを相手に戦って勝てるとは、中国指導部も考えてはいないだろう。負けた場合の責任をどう取るかを考えれば、戦争を仕掛けてくるには蛮勇が必要だ。
ただし、感情に動かされた兵士がミサイルや砲弾を発射してしまう危険は十分にあり得る。
また、中国がフィリピンで取った行動を参考に考えれば、漁民に偽装させた兵士を尖閣諸島に上陸させたり、台風で警備が手薄なときに上陸をねらったりする可能性もあり得る。
現実としては、日本はそのような事態に対処する必要にさらされている。

5月21日、ロシアやイランなど46の国や機構が参加して行われている上海の国際会議で、習近平は「アジアの新しい安全保障の秩序」を唱える演説を行った。
中国の安全を脅かす(と彼らは考えている)アメリカの覇権主義の影響を遠ざけ、中国を中心にアジアの国々で安全保障体制を築こうというものである。
『ドラえもん』のいじめっ子、ジャイアン並の身勝手な主張だが、アジア諸国が共通の経済的利益と安全を追求するという考えについては、今後、日本も検討していく余地があるように思う。

中国は「弱国」であり、「友人がいない国」であり、「列強によって虐げられてきた国」である。そのことが軍拡の原動力になっているとすれば、虚勢を張らずに済む道を探るのも、ひとつの選択肢だろう。

また、最後の王朝である清も、日本では江戸時代初期にあたる時代に満州族が建てた国である。中国民族はもう長い間、誇りを持って胸を張れる時代を過ごしていない。今の中国の動きの深い根底には、中国民族の中華思想的な誇りを取り戻したいという願望もあるように思われる。

<付記>
尖閣諸島周辺における中国の活動や「三戦(世論戦、心理戦、法律戦)」と言われる中国独特の戦術について、Yahoo!ニュースでも解説しておきました。興味のある方は読んでください。
日本のEEZ内で中国当局が検査「漁業管轄権」とは
posted by たぬたぬ at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 軍事・武装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

北朝鮮が地震兵器を開発する日


2月12日、北朝鮮が核実験を行ったことを公表した。以前に比べると小型化が進んでおり、近い将来、ICBMに搭載できるレベルに達する勢いである。アメリカに向けて核弾頭が発射される怖れもあるため、アメリカでも「脅威」と捉えられているという。

この問題について、少し別な角度から考えてみたい。

日本の気象庁は、12日午前11時57分ごろ、北朝鮮でマグニチュード5.2の地震を観測した。また、アメリカの地質調査所は、北朝鮮でマグニチュード4.9の揺れを観測したという。観測する機関によってやや差はあるが、マグニチュードはおおむね5前後と考えてよいだろう。中規模地震のエネルギーである。

あまりポピュラーな認識ではないが、原爆の恐ろしさは地上(空中)での爆発力だけではない。人工地震や人工津波を起こすことができる点にある。
活断層が走っている地点で原爆を爆発させて大地震や津波を起こすことは、原理的に可能だ。しかも、自然災害にカモフラージュしやすい。

この種の話は一般にトンデモ科学と捉えられているが、もう少し真面目に向き合った方がよい。悪意を持つ者から見れば、地球科学は兵器である。

           ◇             ◇

北朝鮮では統制もかなり乱れており、いつ崩壊してもおかしくないと伝えられる一方、実際に金王朝がいつ終わりになるかはわからない。これまでも北朝鮮は周囲の国々の思惑のはざまで、巧妙にバランスをとって生き延びてきた。
中国は北朝鮮を緩衝地帯として保持したいと考え、韓国はもし北朝鮮が解体して国民を受け入れることになったら負担が重いと考えている。
アメリカは、東アジアの争いにまで介入する体力に乏しい。
日本にとっても、あのような無法国家が近くにあってよいわけがないが、朝鮮半島が統一されれば、巨大な反日国家が出現することになるのが悩ましい。

このような各国の思惑が錯綜したまま行けば、北朝鮮は近い将来、核弾頭を搭載したICBMや地震兵器を実現させることになるだろう。工事を装ってソウルや東京の地下に原爆を仕掛けることも、不可能ではない。そうなったときに大災害を防ぐのは、難しい。

           ◇             ◇

人間とは愚かなものだ。他国が軍事力を持てば自国も軍事力を増強させ、その繰り返しによって軍拡競争を続けて戦争を繰り返してきた。人類の歴史を通じて完全に平和であった期間はごくわずかだろう。
日本は戦後、平和憲法を持つに至ったが、多くの国民がご存知のように、本来は日本から牙を抜くためにGHQが押しつけたものである。平和憲法によって日本は安定と発展を得たが、アメリカの傘の下にいるから他国も容易に手が出せないに過ぎない。日米安保条約がなければ、尖閣諸島などとっくの昔に中国軍に上陸されていただろう。日本が軍隊をなくせば、他国も戦争を仕掛けてこないなどというのは、警察をなくせば犯罪者はいなくなるというのと同じ理屈である。

アメリカはこれから内向きになっていく。日本が自国の力で領土や平和を守る力を高めなければ、日米安保は機能しない。
憲法改正についても、ようやく糸口の段階まで来た。まずは第96条の改正からだが、衆参各議院で総議員の3分の2以上、さらに国民投票で過半数の賛成を必要とするというのでは、事実上、改正は無理である。であれば、第96条は最初から無効と考えてもよいのではないか?

憲法改正のあかつきには、どのような武装を行うかという論議になるだろう。
すでに石原慎太郎が過激で短絡的な性格から核武装を提唱しているが、すでに時代遅れの可能性が高い。

たとえば、直径30cm、長さ6mくらいのタングステンや劣化ウランの棒を人工衛星から落下させる「神の杖」の構想も進んでいるといわれている。地上に落下すれば、原爆に匹敵する破壊力を持つとされるものである。

2月15日にロシア中部に落下した小惑星について、NASAは「直径約17m、重さ約1万t、爆発の威力は広島型原爆の約30倍」と発表した。今回は空中で分解したが、もし原型のまま地上や海中に突入したら、大惨事となっていた。
「神の杖」は、その人工版である。地下施設に隠れても、逃れることはできない。
宇宙空間の利用方法としては国際条約違反だが、もし実現可能なものであれば隠し持つのが、人間というものである。

また、プラズマ兵器も実用段階に入っているとされる。イラク戦争時、アメリカと対峙したイラクの戦車の中では兵士は一瞬にして蒸発し、戦う前、すでにもぬけのからだったとも言われている。
この話が本当だとすると、オバマ大統領が核のない世界を訴える根拠は明白だ。アメリカにとって、核兵器は過去のものになったというだけの話である。

率直に言って、地震兵器や「神の杖」、プラズマ兵器などについては情報が乏しく、実在するのか、どの段階まで進んでいるのか、よくわからない。そのためトンデモ科学に分類されてしまうのだが、他国より優位な武力を欲する人間の性から見て、「ある」と考える方が自然ではないだろうか?

そうだとすれば、現代はすでに通常兵器と核兵器をベースとして論議する段階を過ぎていることになる。日本にとっては、超兵器を引っ括めた、いわば「高次の安全保障」が必要になるだろう。
武力を伴わない外交には限界がある。過去の敗戦から学んだ日本が再び軍事大国になることはない。中国、北朝鮮、ロシアなどに対して、十分な抑止力を備えるべきかと思う。

<捕捉>
超兵器の中で、最も重要なものはプラズマ兵器である。プラズマは幽霊のように壁を通り抜けることができるため、地下シェルターなどは無意味となる。プラズマは手で触れるほどの温度にも、数千℃にもできる。歴史上に時々ある不可解な人類発火事件は、自然のプラズマによるものだろう。
この点については、『完全ファイルUFO&プラズマ兵器』(飛鳥昭雄著/徳間書店)などに詳しい。

飛鳥氏によれば、UFOの多くはアメリカ軍が秘密裏に開発したもので、プラズマを利用して飛行しているということである。また、飛鳥氏は牛の体の一部が切り取られるキャトル・ミューティレーションは、アメリカ軍がプラズマ兵器開発に伴う実験を行ったものと推測している。おもに牛を犠牲にしたのは、「牛は人間が利用するために神がつくった」とするアメリカ人のものの考え方が根底にあるという考えだが、私もそれは正しいと思う。
posted by たぬたぬ at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事・武装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする