2017年01月27日

天皇退位論議から見えてくる、憲法改正の際に大切なこと


「退位に関する有識者会議」の論点整理が公表された。1月24日の朝刊に載っている。目的は国民の理解を得ることであろう。
というのは、国民の間では、「天皇も人間。高齢で無理がかかっているのだから、退位させてあげればいいじゃいないか」という人情論が優勢である。また、そうした世論を背景に、民主党などが「天皇退位を恒久的に定めるべき」と主張しており、政争の材料にされる懸念もあったからだ。

さて、会議では退位を恒久的に認めた際の問題点の例として、次のようなものが挙げられた。

◎退位を認めると、将来、悪質な政権によって天皇が退位させられる怖れがある。
◎天皇の意思に基づく退位を可能とすれば、憲法が禁止している「国政に関する権能」を天皇に与えることになる(なりかねない)。
◎「障害や高齢などにより象徴としての公務ができない天皇は辞めるべき」とする能力主義となったら、憲法が定める世襲制と相容れない。
◎高齢社会では天皇100歳、天皇を補佐する摂政の皇太子70歳という状況も発生し得る。


なるほど、なかなか難しい。
一方で今上天皇は強く退位を希望されており、早急に法整備を進める必要がある。そこで、とりあえず今回一回限りで退位を認め、「あとでじっくり考えよう」というわけだ。それがいつかといえば、憲法論議にからめることになるだろう。

            ◇             ◇

だが、自民党の改憲案は、あまりよい出来ではない。天皇についても、「問題あり」だ。

【現在の日本国憲法 第一章 天皇】
第1条  天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第3条  天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負う。

【同 自民党案】
第1条  天皇は、日本国の
元首であり、日本国民統合の象徴であって、その地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第3条 国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする。
2 日本国民は、国旗及び国歌を尊重しなければならない。


軍国主義アレルギーの人でなくとも、頭の中に「?」マークが浮かぶだろう。
まず、第1条 では「象徴」が「元首」になっている。現在でも天皇は日本の元首の役割を果たしているが、「元首」と書き換えることにより、政治的な色合いを帯びてくる。
私の意見としては、イギリス国王でも何でも立憲君主制の国の国王は実質的に「象徴」なのであるから、「象徴」のままでさしつかえないような気がする。むしろ「元首」は俗っぽく感じる。
また、私自身は日の丸のデザインは気に入っているし、君が代も嫌いではないが、価値観というものは個人の自由であって、ことさら憲法で強制すべきものではないように思う。

            ◇             ◇

日本国憲法の「天皇」について考える際には、「日本人とは何か」「天皇とは何か」に、深く踏み込む必要があるだろう。
司馬遼太郎のエッセイに良質なものがあるので、紹介しよう。

日本史というものを考える上で、天皇さんというのは何だろう、という問題があります。
これは、精神的世界の中心といいますか、血族、血液崇拝の中心であって水戸学的なイデオロギーやマルクス的なイデオロギーで見ず、ひらたく見てゆかないとハッキリして来ない。これがハッキリしないと、日本歴史はわかりにくくなります。
戦国時代のように、世の中が乱れに乱れて、もはや京に天皇さんがおられることさえ知られなくなった時でさえ、全国の土豪劣紳どもが、オレは藤原氏だとか橘氏だとか言っています。もちろんウソなんですが……。(中略)
秩序の中心というものは、そこにあるんですね。そのために、あれだけ乱れた戦国時代もまた一ツ社会にもどる。地上と地下があるとしたら、この血液的な秩序感覚というのは日本人の地下の秩序です。
地上の秩序は関白なり、将軍家なりです。天皇さんは地上の権力ではない。(中略)
歴史を注意してみればよくわかることですが、日本の歴史のなかで、天皇が地上の権力を握ろうとしたときには、かならず乱がおこっています。(『無思想という思想』「手掘り日本史」)


司馬遼太郎は天皇が地上の権力を握ろうとした例として、南北朝時代の後醍醐天皇や天皇を利用した日本軍部を挙げているが、その意味で天皇を「元首」とする自民党案は非常に危険なものと言えるだろう。一方、左派の中には天皇の存在を否定する人がいるが、とても底が浅いと思う。
では、神道とは何だろうか?

思想的民族というのが、世界にはふんだんにいます。しかしながら、日本人はそれに入っていない。日本人は、思想がゼロなのではないかといわれる。が、私にはどうもそうではなく、無思想という思想が日本人の底の底にあるのではないかと思う。(中略)
私はそれをたとえば“神道”ということで考えています。(中略)玉砂利をきれいに敷きつめ、あたりの景色を清々しくしておく。清らかなことだけが、神道の教理といえば教理ですね。
教義らしいものをしいていえば、清らかさをたもってけがれをのぞくということぐらいで、この清らかさあるいは浄らかさは“美しい”とも違います。(中略)神殿を浄めて神主さんがすわっている。それだけでいい。ただひとつ、穢れたものを嫌い、それを忌む心がある。(『無思想という思想』「手掘り日本史」)


この辺まで来ると、天皇の本質が見えてくる。天皇とは、日本人の秩序感覚の中心であるとともに、心の根底に共通する清明心(せいみょうしん/きよきあかきこころ)をベースとした神道という祭祀に関わってくるのであろう。司馬遼太郎は「神主の長」という言い方をしている。もちろん、地上の権力ではない。

            ◇             ◇

「退位に関する有識者会議」の論点整理は、新聞1ページにギッシリと文字が詰まっていた。それを私も社会科の編集者なので3回ばかり読み返したが、正直に言って退屈だった。テーマが「退位の是非」だったので仕方がないのかもしれないが、印象としては町内のマンションの住民会議とあまり変わりがない。
表面的な問題列挙に終わり、「では、どう解決していくか」という積極的な姿勢や天皇という存在に対する洞察が欠けている。

日本国憲法の改正論議の際は、もっと深く踏み込んで考える必要があると思う。
タグ:天皇退位
posted by たぬたぬ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

民進党が起死回生のために外してはならない「憲法改正」


参議院の定数は242名で、任期は6年。その半数が3年ごとに改選される。今回の参院選では、自民党は56議席、公明党は14議席を獲得し、安倍首相が勝敗ラインに設定した与党の改選過半数(61議席)を大きく上回った。
さらに憲法改正に前向きなおおさか維新の会は7議席を獲得。
改憲勢力は参議院定数の3分の2を上回って与党が圧勝し、野党とくに民進党はみじめな敗北に終わった。

しかし、この困難な状況の中、気づいているかいないかはわからないが、実は民進党は起死回生のチャンスを迎えている。このチャンスを逃すと、もはや回復は不可能と言ってよいくらい重要なものだ。

『三国志』の愛読者なら、「街亭の戦い」をご存知であろう。蜀の軍師、諸葛孔明が部下の馬謖に「街亭を死守せよ」と命じたのにもかかわらず、自分の才気に過剰な自信を持つ馬謖が近くの山に登って魏軍を迎え撃ち、完敗した戦いである。このあと蜀が魏を攻略する機会はほとんど永久的に失われ、孔明は五丈原に病没し、国の滅亡へとつながった。

このチャンスは、いわば「街亭の戦い」にあたる。それは、憲法改正案の作成である。

               ◇              ◇

今回の参院選では、焦点とされたアベノミクスの背後に憲法改正問題が存在していた。岡田代表は「選挙運動中、安倍首相は憲法問題について語ることを避けた」などと批判していたが、大多数の有権者から見れば憲法改正が大きなバックボーンになっていたことは自明であり、岡田代表の批判は言い訳にしか聞こえない。

何にせよ、選挙結果から見れば、民意は憲法改正を望んでいると言ってよいだろう。

ただし、2012年4月に発表された自民党の「日本国憲法改正草案」は決して出来のよいものではない。叩き台レベルであり、むしろ「落第点」と言ってもよいくらいだ。
わかりやすい例としては、次のようなものがある。

第24条
家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。


「家族は、互いに助け合わなければならない。」と言われても、仲が悪い家もあれば、生き別れになっている家もあり、親子兄弟とも高齢や病気や貧乏で助け合えない家もある。国にとやかく言われる筋合いのものではない。

憲法とは、本来、国家権力という「怪物」を縛るためのものである。それなのに、自民党の草案にはこのように国民に妙な義務を押しつける条文が多く見られる。

もうひとつ、日本国憲法の中で最も重要な第13条を見てみよう。「えっ、一番重要なのは第9条じゃないの?」と思われるかもしれないが、第9条なんて、あってもなくても人権や民主主義とは関係がない。その証拠にアメリカには軍隊があるが、人権は保障され、民主主義も機能している。

さり気なくて目立たない条文だが、西洋の人権思想のエッセンスであり、日本国憲法の中で「これがなくなったら、憲法が憲法でなくなる」というキモの中のキモこそ、第13条である。

第13条の原文  
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


これが自民党草案では次のようになっている。

第13条
全て国民は、として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。


この条文を変更したのは、従来「公共の福祉という表現がわかりにくい」と言われてきたことを受けたものだろう。「公益及び公の秩序に反しない限り」と言うことで、「自分勝手な幸福や利益追求のために、ほかの人に迷惑をかけてはいけない」という意味が明確になる。
確かにその点は改善されているが、反面、人権は「公益や公序を守った上で」ということになって、その下に位置づけられることになりかねない。
また、「個人」という概念には、「ひとりひとりの人間」という意味が込められているのだが、「人」という茫洋とした表現に換えることで、主体性を持つ個人という人権思想の根幹がおかしくなってしまう。

この辺が「自民党案は立憲主義を理解していない」と言われるゆえんである。

このまま行くと、自民党案をベースに改憲の方向性が決められてしまうだろう。そこで民進党の出番があるのである。

               ◇              ◇

今回の選挙では日頃は自民党支持でありながら、憲法改正の方向性に不安を感じて民進党ら野党に票を投じた人も少なからずいたと思われる。そういう人たちも、民進党が頑なに憲法改正を拒むなら、完全に無価値な政党と見做すだろう。
反対に民進党がより適切な憲法改正の草案を提出するならば、「補完政党」としての価値を評価するに違いない。

私は改憲論者であるが、憲法は「変えさえすればよい」とは思っていない。そして、民進党については「リベラルの名に値しない、揚げ足取り政党」と見做しているが、ここで民進党が自民党案のおかしなところをひとつひとつ丁寧に正してくれるなら、次回は票を入れてもよい。

とにかく憲法改正は端緒についた。安倍首相自身も語っているように、これから議論していく段階である。

このチャンスを民進党が生かすことなく、逆に自民党が改憲賛成派・反対派両方の憲法学者の意見をしっかりと聞いて現在の草案の欠点を自ら正していったならば、民進党の出番をなくし、その復活を半永久的に封じることになるだろう。だから、憲法草案づくりは「街亭の戦い」なのである。

民進党の中には、憲法改正に前向きな議員もかなりいると伝えられている。民進党議員の奮起を願って止まない。

<補記>
民進党はいまだに政権政党を目指しているという。しかし、脇役をきちんと演じられない役者に、主役は務まらない。まして、以前に一度、主役を与えられたときに力不足を露呈させて降版したのだから、まずは脇役として力をつけて認められることが、主役をめざす最も確かな道であると思う。
10年か20年、もしかしたら50年以上かかるかもしれないが、それ以外の方法はないと知るべきだろう。



posted by たぬたぬ at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 憲法・法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする